ペット供養の豆知識~野良犬の供養~

飼い犬も野良犬も、亡くなれば等しく弔いましょう 飼い犬も野良犬も、亡くなれば等しく弔いましょう

野良犬が死んだ後の対応-無料でペット供養を利用できる-

もし、あなたが仲良くなった野良犬が死んでいるのを見つけた場合、弔いたいと思うのであればぜひ供養をしましょう。

野良犬が死んだ時の疑問

ペットが死んだらどうなるんですか?
ペットが死んでしまった場合、まずは死亡届を動物愛護管理センターに出す必要があります。この手続はインターネットでも行なえます。それと並行し、ペット供養を行ないたい場合はペット供養業者に連絡し、供養を依頼することになります。なお、供養だけではなく、亡骸の処理だけ行ないたい場合は保健所に連絡して火葬のお願いをすることになります。費用は保健所のほうが安いですが、遺骨の返却は行なわれません。火葬といっても焼却処理だけなので供養とはまた違った形式になります。きちんと弔いたいのであれば、供養業者に依頼しましょう。
死んでいる犬が野良犬の場合はどうなりますか?
飼い主ではないので死亡届を出す必要はありません。しかし、保健所に連絡することで亡骸を無料で回収してくれます。その後は同じく焼却処理をすることになります。しかし、ペット供養を行ないたい場合は、供養業者に連絡・相談することで供養することもできます。場合によっては無料で火葬を行ない、合同慰霊碑に葬ることも可能です。もし仲良くなった野良犬が亡くなり、どうしても供養したいのであれば、まずは供養業者に相談しましょう。

大事な野良犬な供養してあげよう

供養

野良犬を供養しなくてはいけないというような義務はありません。保健所に連絡し、遺体を回収するだけで十分です。しかし、よく知っている野良犬で一緒に遊んだこともあり、心のどこかで供養してあげたいと感じたのであればペット供養業者を利用し、弔ってあげましょう。

ペット供養の火葬の種類~合同火葬のみ利用できる~

野良犬など、自分が飼い主ではない動物の供養は、基本的に個別で供養することはできないため合同供養のみになります。

一般的なペット供養の火葬の仕方

合同火葬
合同火葬は、他のペットと一緒に火葬場でまとめて火葬する供養方法です。保健所の焼却との違いは、こちらはきちんとお経を読み、供養をするということです。最も安価で行なえるペット供養ですが、遺骨が混ざってしまうため返骨はできず、お墓も個別ではなく合同慰霊碑に供養されます。野良犬の供養は基本的に合同火葬のみになります。
一任個別火葬
ペットを個別に供養したいけど忙しくて立ち会えないという場合は、この一任個別火葬を選択することになります。これは名前の通り供養から火葬までを業者の人に一任する方法であり、後日遺骨を受け取ることができます。その後、遺骨を個別のお墓に埋葬するか、手元供養といって手元に置くかを選ぶことになります。
立合個別火葬
立会個別火葬は、ほぼ人間と同じ供養方法になります。お別れ式から始まり、納棺し、火葬場まで立ち会い、実際に火葬を見学し、終了後にお骨上げを行ない遺骨を骨壷に納めます。その後も一任個別火葬と同じく、手元供養か、お墓を建てるかを選ぶことになります。お墓を建てる他にも、納骨堂に遺骨を納めるといった選択肢もあります。

野良犬の場合

上記しましたが、野良犬の場合合同火葬が殆どであり、しかも直接亡骸を運ぶことが殆どです。ペットの場合は移動火葬を行なったり個別火葬をしてくれたり、亡骸の引き取りをしてくれることもありますが、ペットではない場合様々な理由があり、こういったサービスを受けられないことが多いです。

TOPボタン